嶽きみ

広告

嶽きみ

ブランド名

嶽きみ(だけきみ)

種類

スイートコーン(甘味種)

配色の種類

ゴールデンコーン(黄粒種)
バイカラーコーン(バイカラー種)など

とうもろこしの特徴

嶽きみ嶽高原は標高が400~500mあり、お盆が過ぎた頃から昼夜の気温の差が大きく広がります。寒暖差は10℃以上にもなることから非常に甘く、濃厚な味のとうもろこしが育ちます。
みずみずしいプリプリの食感と18度以上もある高い糖度、あとを引く飽きのこない甘味が嶽きみ最大の特徴です。
今では全国的にも有名になり「日本一甘いとうもろこし」とも言われています。
品種は、実全体が黄色の「味来(みらい)」「サニーショコラ」「ゴールドラッシュ」「恵味(めぐみ)」と、白と黄色の混じった「ゆめのコーン」があります。

生産地域と収穫時期

生産地域

青森県弘前市の西部にある岩木山の嶽高原

青森県弘前市の西部にある岩木山麓に広がる嶽高原で栽培・収穫されたとうもろこしを総称して「嶽きみ」と言います。
※「きみ」とは津軽弁でとうもろこしのことを言います。
とうもろこしは各地方で様々な呼び名があります。

収穫時期

8月~9月中旬
※天候等でずれる場合もあります。

販売店の紹介

キーワードポイント

一般的に食用として用いられ馴染み深いとうもろこし

スイートコーン(甘味種)とは

一般的に食用として用いられる「とうもろこし」。甘さとみずみずしさが特徴的で、皮がやわらかく生で食べられる品種も栽培されています。

スイートコーンの詳細をみる


全ての粒が濃い黄色のとうもろこし

ゴールデンコーン(黄粒種)とは

全ての粒が濃い黄色のとうもろこしのことをいいます。

その他のゴールデンコーンをみる


黄色と白が3対1の割合で入っているとうもろこし

バイカラーコーン(バイカラー種)とは

一代雑種で、黄色と白が3対1の割合で入っています。アメリカで育成され、もっとも甘味が強いとされ、現在日本のとうもろこしの主流にもなっています。

その他のバイカラーコーンをみる

とうもろこしの種類一覧

ページの先頭へ戻る